ホームページ掲載用の合格体験記は,生徒の実名掲載は一切控えさせて頂いております。

※公立高校合格者の体験記は,合格発表当日に塾で書いてくれたものです。多少読みづらい表現等があることをご了承下さい。

※しんがくかんの合格体験記はスタッフによる修正を加えておりません。生徒の生の声としてお読みください。

​※すべて「個人情報保護法」にのっとり,本人及び保護者の方の許諾を得て掲載しております。

第17期・3選抜(青木/男子)

合格校:県立浦和・川越東(理数)

僕には元々サボり癖があり,自分から進んで勉強をすることが苦手でした。だから,少し厳しめの塾に通っておけば改善されるだろうということで,しんがくかんに入りました。しかし,その安直且つ短絡的な考えのせいで,最初の方はかなり大変な思いをしました。というのも,僕はそれまで「しんがくかんに入っておけば何とかなる。」と思っていたので,確認テストの勉強を殆どせずにいつも授業に臨んでいたのです。お陰で毎回テストに落ち,佐藤先生の厳しいご叱責を受けました。ついでに僕は提出物もかなりいい加減で,ギリギリでやった作文管理ノートの字が汚すぎて,松本先生に読んで貰えなかったことがあります。それでも何とか粘り,僕は3年生になりました。インフルエンザで全く勉強が出来ないまま臨んだ3選抜試験にも,運良く正規合格できました。そして,そこから始まった受験生ライフも,最初が大変でした。部活動で忙しいのに加え,理社のテスト勉強をしなければならず,それが結構しんどかったです。塾の日はいつも,一問一答テキスト片手に走って家へ帰りました。そんなこんなで2学期になり,僕はある私立のKS高校を受けることになりました。これが如何せん難しく,学校ではずっと「数学ヤバい,数学ヤバい」とボヤいていました。僕の合格校を見てご察しの通り,この学校には落ちました。落ちましたが,それ以上に得たものが大きかったので,良い決断だったと思います。最難関高受験は心がかなり折れますが,自分の成長を直に感じられるのでお薦めです。

 最後に。僕自身先輩方の合格体験記に助けられた身なので,これから苦労するであろう皆さんにアドバイスをしたいと思います。それは,課題を超丁寧にやることです。僕は,社会の課題の問題を解くとき,その周辺知識まで頭に入れるようにしました。例えば(こんな問題あるか分かりませんが),「1877年に西南戦争を起こした薩摩藩出身の人物は誰か。」だったら,答えは西郷隆盛です。このとき得られる知識は「西郷隆盛が西南戦争を起こした」の1つですが,僕なら「西南戦争は1877年」「西郷隆盛は薩摩藩出身である」という知識ごと頭に叩きこみます。これで本来の3倍の知識を得ることが出来ます。これはお薦めです。

 そして,最後に(本当に最後です。)先生方には,多く助けられました。特に,佐藤先生の人格は神がかっていると思います。ありがとうございました。

第17期・3選抜(青木/女子)

合格校:浦和一女・淑徳(S特進)

 私は2年間しんがくかんに通いました。姉がとても楽しそうに通っていたので最初は特に大きな不安もなく,塾に通っていました。2年生のときに選抜クラスとして1年間をすごして,3年生になってからも高いレベルでやっていきたいと思い,選抜テストを受けました。「正規合格」の字を見たときは,嬉しかったけど不安もありました。今までの合格体験記を見ていると,夏期講習や冬期講習がとてもつらそうだったし,周りについていくのが大変だという声も多かったからです。でも,実際に自分がその立場になってみると,確かについていくのは大変だったけどそれ以上にとても楽しかったです。夏期講習の最初には解けなかった問題が解けるようになったり,少しずつ偏差値が上がっていったりしたことが自分にとってすごく達成感があって,次も頑張ろうと思えました。このように感じられたのは,先生方やサポーターさんのおかげです。授業だけでは理解ができなくて,何度も質問しに行っても,理解できるまで教えていただきありがとうございました。受験の日はしんがくかんで過ごした2年間を思い出して,自信をもって挑むことができました。2年間しんがくかんに通えて本当に良かったです。正直,もっとずっとしんがくかんにいたいくらいです。本当にありがとうございました。

第17期・3選抜(青木/女子)

合格校:大宮・栄東(東医)

 こんにちは。私は2年間しんがくかんでお世話になりました。受験が終わって合格が決まって,今,本当に幸せです。

 私には得意な教科,安定してとれる教科が1つもありませんでした。2選抜にいた頃は月例テストもすごく良いわけではないけれど悪くもないぱっとしない成績ばかりだったのを覚えています。授業はガンガン進むし,周りもレベルが高い人たちばかりで毎回緊張しながら行っていました。でも,確実に力はついているのを感じもっと上を目指そうと思って,3選抜のテストを受けました。3選抜になってからの1年間は本当にいろいろあって今までで1番大変な1年でした。最初の北辰は悪すぎてびっくりして自分の実力が全くないことを痛感しました。夏期講習は毎日必死に通っているうちに気づいたら終わっていた感じです。そして何回か良い結果を出すことができて,少しずつ自分に自信がつきました。でも,最後の北辰が終わったあたりから気持ちが弱ってしまって,ちょっときつかったです。気持ちとは裏腹にそこそこ良い結果が出て複雑な気分でした。冬期講習では確認テストも厳しく授業も本当にはやかったです。何度も自分はこの3選抜の教室にいていいのかと思いました。1番つらかったのは2回目の公立模試です。冬期講習で力がついたと思っていた分,悪すぎる結果に本当にショックを受けました。このままでは落ちる,やばいと本気で思ってそこからは必死でした。難しそうな問題だと自分で決めつけて,びびって解けなくなるのは佐藤先生からずっと言われていました。それを気をつけながら本番にいどみました。自分では自信があるというか受かるように勉強してきたつもりなので当日は落ちついていたと思います。今まで先生たちに言われてきたことを思い出しながら解きました。自己採点では自分では信じられないくらい良い点数が出て,3回計算し直しました。合格できて本当に嬉しかったです。

 小森先生。通常授業で関わることは少なかったですが定期テストの対策授業ではとてもわかりやすかったです。小林先生。数学の質問に何度も行ってもいつも丁寧に教えてくれてありがとうございました。松本先生。私は理科が苦手だったけれど先生のおかげでできるようになりました。

 最後に佐藤先生。私は先生の言葉を信じてここまできました。本当に感謝しています。私も佐藤先生のこと大好きです。つらいこともあった2年間でしたが今私は幸せです。しんがくかんの先生方のおかげで合格できました。本当に本当に2年間ありがとうございました!

第17期・3選抜(川口西/男子)

合格校:県立浦和・川越東(理数)

 僕は,2年生のときにしんがくかんへ入塾しました。入塾テストは落ちる覚悟で受けましたが,なんとか受かることができました。しんがくかんの授業はレベルが高く,特に自分は数学が苦手で,確認テストは毎回のように落ちていました。そしていつの間にか3年になり,佐藤先生にはついていくのが厳しいと言われながらも3選抜テストを受けました。結果は2位でしたが,そこからが地獄の始まりでした。選抜テストの結果に満足し,油断していた僕は,周りの人達にどんどん置いていかれて,部活を引退してからの夏期講習は,つらかった記憶しかありません。また北辰テストでは12月の最後に受けたもの以外は1回も偏差値70をこえず,12月のものですら70.0とぴったりでした。しかし冬期講習からは徐々に手応えを感じていたので,いけるんじゃないかと思うようになりました。しかし,公立入試の1ヶ月前,事件は起きました。その日は2回目の公立模試の返却日で,結果の紙にはふせんで「205に来い」と書かれていました。授業が終わって205教室に行くと,そこでは佐藤先生が待っていて,30分間,めちゃくちゃ怒られました。自分の復習の甘さ,努力の足りなさを全て佐藤先生にぶつけられて,自分はショックでその日は誰とも話しませんでした。だけどそこから僕は変わりました。学校から終わったらすぐ塾へ行くようにし,土日はオープン時間から10時まで死ぬ気で勉強しました。途中でくじけそうになったこともあったけど,佐藤先生がモチベーションを上げてくれて,自分にも自信がついて,本番も落ちついて受けることができました。きっとあのお説教がなければ,僕は今こうやって合格体験記を書いていなかったでしょう。僕はしんがくかんに入塾して,大きく成長できました。佐藤先生には社会と英語を教わり,最後まで僕を応援してくれました。本当にありがとうございました。松本先生は,授業の途中で楽しい話(特にバックトゥーザフューチャー)をしながら楽しく授業を受けられました。小林先生は,僕の苦手な数学を最後までレベルアップさせてくれました。小森先生は,通常の授業では教わることはほとんどなかったけど,自習に行ったときはいつも笑顔で出迎えてくれました。そしてサポーターのみなさんは,帰るときにいつも励ましの言葉をかけてくれました。僕はしんがくかんに入塾して本当によかったです。

第17期・3選抜(川口西/男子)

合格校:県立浦和・川越東(理数)

僕は中1の冬,母に「しんがくかん」の入塾テストを受けるように頼まれましたが,僕はサッカーのことしか考えてなかったので,受けることをかたくなに断りました。しかし,中2になって周りのしんがくかんの友達に学力がはなされていき,しんがくかんのすごさをまのあたりにしたので,中2の冬に選抜テストを受けることに決めました。このテストは難しすぎて逃げだしたくなりました。手応えはなかったもののなんとか3選抜に入ることを許してもらいました。3選抜には入れたものの授業のスピードがはやすぎてお経を聞いているようでした。また周りの人達が同じ3年生とは思えないくらい頭がよくて,宇宙人と勉強をしているようでした。こんな日々が続き,本当に自分がここにいていいのかいつも不安になりました。夏期・冬期講習では,毎日確認テスト,そして授業,そして演習そしてやっと休みだと思ったら呼び出されて塾にいたりと,とても辛い日々が続きました。直前期に入り,公立模試が始まりました。1回目は努力圏,2回目は可能圏に少しだけ近づきました。しかし僕は最後の公立模試で再考圏という大きなやらかしをしました。でも佐藤先生にとても支えられたり,松本先生に国語をきたえられたり,他の先生方やサポーターの方々に励まされ最後の本番では下剋上で合格することができました。僕は特に国語ができなくて日本語が嫌いになったり,英語の長文で知らない単語が多かったり,訳し方が分からない文がほとんどで地球になぜ言語が誕生してしまったのか考えた時期もありました。こんな出来が悪くて人並みにしか努力できない人でも,最後の2週間は楽しく塾に通うことができました。しんがくかんに通っていれば無敵です。怖いものは「ミス」だけです。しんがくかんの先生方の言葉は本物です。辛い時期があっても自分が春に志望校に入学する姿を想像してがんばって下さい。しんがくかんはサイコーの塾です。

第17期・3選抜(青木/男子)

合格校:県立浦和・栄東(α)・川越東(理数)

僕は家の近くに入塾テストのある頭のいい塾があるらしいというのを母からきいて,友達が入塾テストを受けると言ったこともありこの塾に入塾しました。また,運良く2選抜テストでは条件付き合格で,2選抜に入ることができました。そこからは地獄の日々で,塾があるのに夜まで部活がある日は特に辛かったです。部活でヘトヘトの状態であるのにも関わらず,2選抜という超絶レベルの高いクラスでは,授業についていくのにただただ必死でした。確認テストで落ちまくり,授業中さされて,答えられない,そんな日々でした。そんな僕がしんがくかんの塾生活で2番目に辛かったのが,2年生の夏休みです。3年生が引退し,ついに2年生の代になって,部活がより一層厳しくなっている中,しんがくかんに行く回数が増え,中2辛すぎるだろ!と何度も思いました。そんな地獄の2年生を終え,3年生となり,本格的に志望校を県立浦和高校にしようと思い始めました。3選抜テストでまた運良く条件付き合格で3選抜に入ることができました。3年生では,夏休み必死にくらいついていったが,北辰テストでのび悩み,本当に県立浦和高校に受かるのだろうかと考える日が何度もありました。そして迎えた直前期。僕的にこの直前期が最も辛かったです。公立模試が2回連続の努力圏で佐藤先生からのおしかりを受けました。このとき,絶対に浦高に行ってみせると思い,勉強だけにすべてを注ぐ日々を過ごしました。そして3回目の公立模試で合格圏まで上がることができ,努力すれば結果はでるんだと自信がつきました。残りの受験までの日々はほとんど覚えていないのですが,頑張って勉強したということだけは覚えています。そして,迎えた受験当日。その日はあまり緊張せずに受験に臨めました。そして合格発表日。自分の番号が見えた瞬間,全身から力が抜けました。同時に,しんがくかんに電話をかけ,おめでとうと言われ,頑張って良かったなと感じられました。このしんがくかんという神塾に入れて本当に良かったです。最後に,これを見ている北辰テストや公立模試の結果がふるわない人へ。とにかくしんがくかんの先生と,自分を信じて志望校に受かってみせるという強い気持ちを持って頑張ってください。その努力は必ず報われると思います。

 

 

 

第17期・3選抜(青木/男子)

合格校:県立浦和・川越東

 僕は中2のときからしんがくかんに入塾しました。僕は当時からまわりの人と比べて数学が苦手で,2選抜クラスに入って本当についていけるのか不安でした。また,国語でも小説が全然できなくて授業中に意味不明な発言をしてしまうことがよくありました。このまま僕はギリギリ3選抜クラスに条件つきで合格し,1学期から必死の思いでついていきました。しかし,まず因数分解でつまずきました。確認テストでは,数学は,ほぼ毎回落ちていました。そんな僕に小林先生はぶ厚いプリントを渡してくれました。おかげでだんだんと因数分解ができるようになっていき,苦手を克服することができました。英語は覚えなければならない文法がたくさんあり,時制など,細かい点にも配慮する必要があったのでとても苦労しました。僕はまわりの生徒よりも,群を抜いてミスの多い生徒だったと思います。社会や理科で勉強をたくさん積んで知識を得たのに,確認テストや演習では問題の読み取りミスや漢字間違いなど,不要な失点を重ねてしまうことが多々ありました。それは3選抜クラスに入る前から佐藤先生に注意されていたことでした。しかしなかなか直すことができず,そういった自分の欠点が北辰や定期テストにも影響してしまい,結果を残せなかったという経験をしました。

僕のしんがくかん生活での最も印象的だった思い出は夏期講習です。この夏期講習は過去の先輩方の体験記を読んでも大変だったと書かれている人が多く,本当にその通りで,毎朝10時から始まって,家に帰るときにはもう外は暗くなっていて次の日に備えて宿題や確認テストの勉強をするというハードな生活を送っていました。しかしこの生活が僕を鍛えてくれました。夏期講習を乗り越えて,北辰でも1度偏差値が71にまで上げることができました。12月の北辰,最後のチャンスで僕は再びミスを連発し,逃がしてしまいました。1月,いよいよ受験シーズンとなり,緊張が高まりました。公立模試では,2回もE判定をだし,佐藤先生にはとても怒られました。しかしそれが転機となり,その日から毎日塾に通い,浦高に受かりたいという一心で死ぬ気で努力しました。危機感を持ち,意識を変えて授業や確認テストに取り組みました。その結果,3度目の公立模試でC判定にまで上げられ,ようやく地上に出ることができました。その後も本番まで努力を続け,ついには浦高に合格することもできました。僕が掴み取った合格は浦高への受験を認めてくれた親や先生方の支えのおかげです。死ぬ気で努力し,先生方を信じてついていけば最後は笑って終わることができます。頑張ってください。

 

 

第17期・3選抜(川口西/男子)

合格校:県立浦和・川越東(理数)

 僕は,中2のときにしんがくかんに入りました。中2のときに受けた選抜テストがとても難しくて驚きました。中3では,運よく3選抜に入ることができました。選抜クラスだと今までよりも大変になったけれど,より高いレベルで授業を受けられたので,多くの知識を身につけることができました。本番はとても緊張しました。1番苦手だった国語がすんなり解けたので良い流れでテストを受けられました。最後の教科の英語で分からない問題が多く出てきてとても焦ってしまい,あまり解くことが出来ませんでした。これから受験を受ける人は,テストで分からない問題が出てきても焦らず落ち着いて解けば良い結果になると思います。

 小森先生には,中2のときに国語を教えてもらいました。面白くとても分かりやすかったです。松本先生には,英語,国語,理科を教えてもらいました。ときどき話す先生の話が楽しみでした。小林先生には,数学,理科を教えてもらいました。さまざまな視点から学べてとてもよく分かりました。佐藤先生には,数学,英語,社会を教えてもらいました。いつも分かりやすい授業で,細かいところまで学ぶことができました。サポーターの方々には駐輪場でいつも明るくしてくれました。ありがとうございました。

 今まで,楽しく,厳しく,分かりやすい授業を受けることができたので合格できたと思います。しんがくかんじゃなかったら,合格できなかったかもしれません。これから,壁にぶつかることがあるかもしれませんが,そのときにはしんがくかんで学んだことを活かして乗り越えられるようにしたいです。今まで本当にありがとうございました。

 

 

第17期・3選抜(青木/男子)

合格校:中大杉並

 僕がこの塾の入塾テストを受けるきっかけとなったのは, 「みんなが受けるから」でした。埼玉に引っ越してきて1年程しかたっておらず,塾のこと等何も分からなかった僕にとって周りの人が話しているしんがくかんの話はとても魅力的に感じました。このような経緯があり,入塾テストを受けることになりました。入塾テストの日は大雪による寒さが原因か緊張が原因か分かりませんが震えながら塾の扉を開けました。すぐに先生たちの「こんにちは」という声が聞こえ, 温かい雰囲気を感じました。

 入塾テストがおわり無事合格。次に待っていたのは選抜テストです。結果, 仮の2選抜として選抜クラスに入ることができました。真の2選抜に向けて分厚い課題をやったのですが, その分厚さが実力の差を物語っていると思い, 少しへこみました。しかしへこんでいる暇もなく授業がスタート。授業はとても楽しかったですが,僕を苦しめたのは確認テストです。何回目かの授業の日に佐藤先生に怒られ, しんがくかん魂を注入されました。その日から確認テストに落ちたらヤバイと自らを奮い立たせて頑張りました。

 本格的にこの塾のすごさを感じ始めたのは3年生になってから。夏期講習は痩せるんじゃないかってくらいしんどかったです。その分実力がついたと勝手に思っています。ただ長時間だらだらの勉強するのではなく, 濃い授業をしてくださり, 疲れに気づくのは家についてからでした。寝たい, でも明日の確認テストの勉強…。ここでもテストに苦しめられました。さぼることはいくらでもできたけど,それをさせないクラスの雰囲気を作る先生方。本当にすごいと思います。

 冬期講習。僕が1番嫌な時間を過ごしたのは英語の長文。指名されて訳そうとするけれど問題用紙を見る視野はせまくなっていき,うまく訳せず悔しかったです。そうやって圧迫された中で解いた経験が入試で緊張しなかった理由かなと思います。

入試の日, 駅でいつも通りの先生方を見て安心。高校の前で明らかに他の人達とは違うかっこいいオーラをまとった佐藤先生を見て感動。こんなすごい先生方に教わったんだから落ちるはずがないと笑顔になってしまいました。試験の前, なぜか異様に落ち着いている自分がいて, しんがくかんの先生についてきて本当によかった。そう感じました。しんがくかんに入ろうと思っている人。今,頑張っている人。是非先生方を信じてついていってください。必ず自分を成長させてくれます。学力だけでなく人間として成長させてくれた先生方。本当にありがとうございました。

 

 

第17期・3選抜(青木/女子)

合格校:明治学院

 私は2年生のときに入塾しました。入塾テストがあることは知っていたものの,まだこのときはこんなに厳しい塾だとは知らず軽い気持ちでテストを受けてしまいました。2年生では部活との両立が大変で先生方にもたくさん迷惑をかけてしまいました。ごめんなさい。それでも先生方は時間をつくって優しく教えてくださったり,私の多すぎるくだらない質問に丁寧に答えてくださったりしました。また,部活の大会が近くなると応援してくださったりと,たくさん気にかけてくださりました。それがとても嬉しかったし心強かったです。2年生の1月の3選抜試験が私の塾人生の大きな分かれ道でした。受けるか,受けないか,とても迷いました。2選抜でもものすごく大変だったのに更にきつくなると考えると正直嫌でした。3選抜試験の日はバスケの大会で,もうテストは受けなくてもいいかなと考えていました。でも,友達のお母さんが「絶対受けるべきだよ,受けてこい!」と背中をおしてくれて受けることにしました。当時は辛いからという理由だけで受けたくなかったけれど,今になってあのとき受けていて良かったと心から思います。もちろん授業や確認テストは厳しく大変だったけれど,だんだんと解ける問題が増えていくのが嬉しかったです。

 志望校決めは本当に悩みました。なかなか決められずにいた私に佐藤先生は,自分の行きたい高校に行くのがベストだよと優しく言ってくださりました。その言葉に安心し,やっと私は決めることができました。明治学院高校の推薦はほぼ内申で決まるので,とにかく定期テストを頑張りました。理科と社会をとっていなかったのでみんなより遅れをとってしまわないかとても不安だったけれど,定期テスト対策での授業を大切にし,何とかみんなに追いついていけるよう頑張りました。内申の開示が許可された日の朝,担任の先生から呼び出しがありました。ドキドキで怖かったです。「(目標のラインを)超えたよ。」と言われたときは心の底から嬉しくてほっとしました。そのことを佐藤先生に伝えると一緒になって喜んでくださりました。嬉しかったです。

 私は冬期講習前に卒塾という形でしんがくかんを離れることになったけれど,この約2年間は一生忘れません。今までで1番勉強したし,自分との闘いが1番辛い時期でした。本当に濃い日々でした。佐藤先生は私以上に私のことをよく分かっていてくださり,感謝してもしきれません。

 佐藤先生,松本先生,小林先生,小森先生,事務のお姉さんお兄さん方,今までありがとうございました!

 

 

第17期・3R1(川口西/男子)

合格校:県立浦和・川越東(理数)

 自分は2年生の時にしんがくかんに入塾し,2年生と3年生の2年間この塾にお世話になりました。最初に入塾したときは,授業で指名されてびっくりしたし,毎回のように確認テストがあって,すごくきつかったのを覚えています。特に2年生のころは部活と塾の両方をこなすのがめちゃくちゃきつくて,やめたくなりました。それでも塾をやめなかったのは,定期テストなどでしっかりと結果が出たからだと思います。定期テストで結果がでてくればうれしいし,勉強をすることに楽しさがうまれてくると思います。これを読んでいる人も,今は部活があるうえに塾で確認テストをやらされて,つらいと思っているかもしれません。でも,2年生の時の頑張りは必ず最後に役に立つ知識だと思うので,諦めずに頑張ってください。3年生になると,部活が終わり,楽になると同時に塾の時間が長くなります。特に夏休みと冬休みは地獄です。提出期限がどんどんせまってくる課題や,朝から夜おそくまでミッチリある塾のせいで寝る時間すらろくにとれません。そのせいで確認テストの勉強にまで手が回らなくなり,再テストがたまるという負の連鎖におちいります。ただ,それだけ頑張っている分北辰テストの日などでは,自分に自信がもてるので自分の力を百パーセント出すことができると思います。そんな地獄のような塾も終わってみれば良い思い出になります。そこで手を抜いてやったりすると,絶対に合格できないと思います。最後まで手を抜かずに,頑張ってください。

 

 

第17期・3R1(川口西/男子)

合格校:県立浦和・大宮開成

 自分は2年間しんがくかんで,様々なことを学ばせていただきました。ただ入試本番という点に限ると,自分の力を出し切れず,自分の甘さを感じています。

 特に社会,理科,英語です。この場で具体的なことを書くのは少し違う気もしますが,とりあえず書きます。社会に関しては,中学入学から目標にしていた百点を取ることができませんでした。ローマ帝国が東西に分裂した年の年号は一生忘れないでしょう。理科はとにかく悔しいです。ミスの原因が時間配分の失敗ということで.これまで自分は何をやっていたのだろうと,感じさせられました。自分の理科をつくってくれた小林先生にも申し訳ない気持ちが大きいです。最後に英語ですが,酷い凡ミスが多すぎました。be動詞を2か所も間違えてしまいました。勉強こそ,積み重ねが全てなのだと感じた瞬間でした。

 しかしこれだけ不本意なことをしても,合格という一つの結果を得ることができたのは,しんがくかんの先生方のおかげです。2年間で593枚におよぶ確認テストや,日々の授業があったからこそ,つかめたものです。特に国語と数学は苦手で,嫌いで,できないという最悪の組み合わせであったのに,他の教科で取り返せるくらいまでに成長できました。数学に関しては,すべての確認テストに対して18%しかないのに,再テストの総数に対しては59%と面白いものでしたが,何とか入試をやり切ることができ,佐藤先生には大きな感謝の気持ちを抱いています。松本先生と小森先生の授業中の面白い話は,自分の人生を豊かにしてくれたと思います。

 2年間しんがくかんで学んだ,たくさんのことを,これからの人生で意味あるものにしていくために,これから努力していきたいと思います。本当にありがとうございました。

 

 

第17期・3R1(幸並/女子)

合格校:浦和一女・淑徳与野(選抜)

 私は中2になるときにしんがくかんに入塾しました。入塾してすぐのころはテストや宿題に追われてつらかったです。でも続けることで大きな力をつけることができました。私が最も成績を伸ばしたと感じたのは中3の夏休みです。普段の授業でも宿題や確認テストの勉強で忙しいのにそれが毎日続くのでさらに忙しくなります。北辰テストもあるので,毎日の勉強は欠かせません。忙しくても自分に厳しく過ごすことで少しずつできることを増やせます。また,北辰テストは併願校の確約をとったり,公立高校を選んだりするのによく参考になります。私は親せきの影響でずっと浦和一女に入学したいと思っていました。しかし,北辰テストを初めて受けたとき,あまりにもそのレベルに届いておらず,絶望しました。正直もう無謀を悟って無心で勉強し続けました。つらかったけどその次は少し成績が上がり,やる気がでました。入試直前期になっても実感はわきませんでした。入試一週間前になって歴史の流れを全くつかめていない自分に気がつき,そこからは学校での給食中も歴史が得意な友人と話して歴史の流れをざっくりとつかみました。最後の最後まで自分の分からないところを勉強しつづけました。しんがくかんに入塾して,私は大きく変わりました。不安でつらくてもしんがくかんの先生たちは支えてくれます。先生たちを信じてついていって本当に良かったと思っています。ありがとうございました。作文は苦手なのでこれで終わりにします。

 

 

第17期・3R1(幸並/女子)

合格校:浦和一女・淑徳与野

 私は3年生からしんがくかんに入りました。最初の頃は塾に来るたびに緊張していたのですが,たくさん声をかけてくれたので少しずつ慣れていきました。3R1の授業では,周りの人が当たり前に正解する中,自分は全然分からずに焦りを感じることが多かったです。夏期講習の間は部活があり,夜フォローを受けていました。その間にも3R1の人は1日中勉強をしていたので差が開いてしまうことが不安でした。夏期講習後の1回目の北辰テストではやらかしてしまい,夏休み毎日1日中勉強していた人たちとの差を感じました。2学期からは焦って勉強し,中間テストで初めて1位をとることができて本当にうれしかったです。それからは北辰の結果も良くなり,自信を持てるようになり,塾に行くのが楽しみになりました。そして,冬休みから入試まではあっという間に過ぎました。私は理社が苦手で,この期間確認テストで何度も再テストになり1番苦労しました。理社は得点源だと聞いていましたが,私は足を引っぱらないようにするのが精一杯でした。歴史の年号や理科の記述のテストはいつもクラスで下の方で,苦手意識を持つことでさらに理社の勉強が嫌になりました。内容が整理されてきたと思いはじめたのが入試直前で,当日も完璧ではない状態でむかえました。当日を終えて自己採点をしたときに,いつもしないようなケアレスミスが多く,先生にも1週間どきどきだと言われてとても不安でした。ですが,第一志望の高校に合格できで本当に嬉しいです。受験の他にも私は英検2級の面接で何度もお世話になりました。英語で話すことに自信がなく,萎縮してしまいましたが,佐藤先生に何回も練習していただいて,2回目でやっと合格できたときはとても嬉しかったです。本当にありがとうございました。受験でも英検でも,最後笑顔で終わることができたのは先生方のおかげです。1年間ありがとうございました。

 

 

第17期・3R1(青木/男子)

合格校:大宮・淑徳(S特進)

 僕はしんがくかんが初めての塾でした。塾に行くまで、あまり自分から勉強しないタイプだったので,毎日勉強しないといけないと思うと少し憂鬱でした。だけど,しんがくかんに入ってから勉強の楽しさに気が付くことができました。それで、毎日頑張って勉強していたら,3R2から3R1に上げてもらうことができました。けれど,喜びは束の間でした。クラスが1つ上がるだけでこんなにも違うのかと思うほど3R1のクラスは凄かったです。授業のペースも速いし,周りの人たちの解くスピードも速くて圧倒されました。それから,僕にとって1番キツかった地獄の夏休みになりました。僕は空手をやっていて,夏休みの後半の全国大会まで毎日練習でした。朝から昼まで空手で昼から夕方まで塾で,夕方から夜まで空手という日々が続いて,数学の小テストでX=Xと書いてしまうほど疲れ切りました。また,自分だけ置いて行かれているという焦りも出てきて,すごく苦しかったです。そんな夏休みが明けて,空手も一時休みに入ってから本格的に受験モードに入りました。それからだんだん成績も上がってきました。そして11月の北辰で自己ベストの偏差値を出すことができました。その時は凄く嬉しかったです。

 やがて冬期講習が始まり,たくさん勉強しました。けれど直前期に入ると計算がボロボロになってしまいました。計算テストでびっくりするくらい毎回落ちて大宮に受かれるのか本当に心配になりました。その時に佐藤先生が分厚い計算特訓プリントを渡してくれて,何とか改善することができました。それからは,だんだん調子も上がっていき,受験本番は自信をもって受けることができました。また,自己採点大会で佐藤先生が「絶対受かってる。」と言ってくれて発表までは気楽に過ごすことができました。大宮に受かることが出来て本当に良かったです。しんがくかんはサイコーの塾です。教えてくれた先生方,サポーターの方1年間本当にありがとうございました。

 

 

第17期・3R1(幸並/女子)

合格校:大宮・淑徳(S特進)

 私は川口しんがくかんの17期の中で最も確認テストに落ちた生徒の1人だと思います。

 私のしんがくかんライフは入塾テストの日,先生方やサポーターのみなさんのあいさつに圧倒されたことからはじまりました。入塾テストに合格し,3R2に入ることになりました。私は学習塾というものに入るのがはじめてだったのですごく不安でした。でも,3R2のみんなはすごく優しくてすぐに打ち解けることができました。しかし,毎回の授業のたびにある確認テストは大の苦手でした。国語の漢字テストや英語の単語テストなどの覚えもののテスト,数学の計算テスト,社会と理科の一問一答。ありとあらゆる確認テストに落ちまくりました。さらに,私は吹奏楽部で夏休み中も部活があったので朝から夕方までは部活をやり,夕飯を食べて塾という生活が続き,夏休み明けまでは流れるように時間が過ぎていきました。そして,むかえた9月の北辰テスト。少しよい結果が出てしまった私は調子にのっていました。また,志望校に大宮高校と書いたこと,9月の北辰と月例テストがよかったことから先生方に3R1に上がってみないか,と言われ少し浮足立っていたと思います。そのままむかえた10月,11月の北辰は撃沈。さらに大切な2学期の中間テストでもよい結果を出すことができませんでした。12月の北辰で,よい結果を出すことができたものの,モチベーションが上がらないまま冬期講習に突入しました。冬期講習でも確認テストに落ちまくり。冬期講習の間はいつ佐藤先生に「志望校を下げたほうがいいんじゃない。」と言われるのかヒヤヒヤしていました。冬期講習最終日。私は佐藤先生に授業後呼びだされました。今思うと,このとき呼びだされていなかったら,私の大宮高校合格は実現していなかったと思います。ネガティブなコメントばかりだった確認テストのメッセージがポジティブなものに変わっていったことが本当に嬉しかったです。

 どんなときでも私の可能性を信じてくださった佐藤先生,苦手だった理科を底上げしてくださった小林先生,授業の内容よりも雑談の方が多いこともあった松本先生,恋の話をたくさんしてくださった小森先生,1年間ありがとうございました。また,どんなときにも明るい笑顔で楽しい話をしてくださったサポーターのみなさんありがとうございました。1年間しんがくかんで過ごした日々は私の宝物です。

 

 

第17期・3R1(青木/男子)

合格校:市立浦和・川越東・順天

 私が志望校を探しはじめたのは,3年生の夏休みからでした。当時は受験がまだ先の話と思っていたのですが,部活動を引退するとすぐに志望校探しがはじまりました。私は頭がよくないと思っていたので,下の高校から多くの学校説明会に行きました。正直,とても面倒くさいと思っていましたが,いざ志望校を決めるとなるととても大切なことだと思います。また,自分の頭を信じて少しレベルの高めな高校も学校説明会に行くべきだと思います。きっとしんがくかんで頑張ると自分の予想以上に頭がよくなると思います。学校説明会は多く行っておいて損はないと思います。色々な高校を比べることによって,後でスムーズに志望校を選べると思います。夏休みでは学校説明会を行くことと毎日の塾が待っています。毎日,弁当を片手に塾へ行き,ペンを片手に約8時間勉強します。もちろん何日かはしっかりと休む日があります。しかし,休みの日では長期課題をやらなくてはいけません。さらに毎回の授業で確認テストがあります。特に社会と理科は強敵です。そんな大変な夏休みが終わると2学期がはじまります。夏休みに比べたら2学期は楽だろうと思いました。たしかに夏休みに比べたら楽です。しかし,学期はそこまで甘くありませんでした。2学期の通知表は高校へ行く最後の評定です。それゆえにレベルの高い高校を目指すにはなるべく「5」を多くとることが必要です。2学期が終わり,冬休みがはじまるともう自分の力で高校へ入学するしかありません。冬休みでは自分がテストの日までにどれだけ伸びるかが大切だと思います。少しずつミスをなくし減らしていくことが重要だと思います。レベルの高い高校を目指すほど周りの人達は90点台や80点台後半をとっています。90点台をとるには3問以上失点してはいけません。30問程度のテストで3問ミスまでは案外厳しいです。だから,1問ずつ丁ねいに解くことが必須です。冬休みも大変ですが,夏休みを過ごしていれば大丈夫です。

 直前期ではより一層,緊張感が漂います。直前期から受験当日まではとても早かったと思います。直前期では笑顔で高校に行く自分を思い浮かべるとその理想に向かって頑張れました。とても大変で厳しいですが,しんがくかんでは自分のことをよく考え,自分よりも自分の受験について考えてくれていると思います。個人差はありますが,しんがくかんでは予想以上に充実した時間が過ごせると思います。私もこれほど自分のことを考えてくれているとは思っていなかったので,とても感謝しています。

 

 

第17期・3R1(川口西/女子)

合格校:市立浦和・大宮開成・淑徳

 私は中2から入塾しました。しんがくかんに入塾した子たちはレベルが高すぎてついていけるかと心配していました。数学の確認テストは毎回落ちていて,いつクラスを落とされるか本当に怖く,塾に着くまでは腹痛がひどかったです。2年生の2回目の月例テストでとっても良い結果を残すことができたときは,まぐれかもしれなかったけどとてもうれしく,自信につながったことは確かです。また,勉強することの楽しさを学び,選抜クラスに入ってみたいと思うようになりました。

3年生になり,選抜試験は落ちてしまいましたが,3R1に残ることができ,2年生の頃のように上を目指していこうと思っていました。けれど,それは苦しみに変わりました。何をしても結果が出ず,友達にはどんどん置いていかれ,初めての北辰は3R1の一員ですと言えないものでした。結果を望みすぎて,何回も涙を流しました。勉強をして,結果が出ないことが怖く,勉強することも辛かったです。けれど友達や先生はいつでも応援してくれたり,プリントをくれたり,支えてくれました。私にとってその支えは自分ができていないんだと実感するものでもありましたが,見返してやるという気持ちにもなりました。北辰で結果が出るようになり,公立模試もこのままの流れにのっていけると思って気がゆるみ3回の模試の結果は散々で,得意としていた英語は恐怖の科目となりました。英語の授業は当てられることが怖い,見られるのが怖い,本音を言うと地獄でした。追い込みの時期になって,理科は変なミスをして丸がつかない,それ以外の教科は授業中で出来ても公立模試では出来ないので,市立浦和に受かるとは絶対思えなかったし,受けさせてくれるとも思っていませんでした。けれど佐藤先生は信じてくれていました。それが本当に嬉しくて,その日からは新しいことを学ぶことを止め,復習を徹底して,自分を信じることを始めました。学校の休み時間は勉強しました。学校の行きも勉強しました。友達との話はガチで息抜きでした。一番塾で楽しかったのはご飯の時間でした。忘れません。本当に友達がいなかったら,しんがくかんに入塾していなかったら,合格はつかみとれなかったと思います。努力して,あきらめないでよかったです。後悔はありません。この塾とメンバーが大好きです。

 

 

第17期・3R1(青木/女子)

合格校:中大杉並

 私は2年生のときに入塾しました。入塾テストがすごく難しかったが,入ることができて良かったです。2選抜に入ってからは,毎日が辛かったです。授業のレベルにも周りのレベルにもついていけませんでした。2年生の夏,とうとう2R1に落とされてしまいました。分かってはいたけれど,悔しかったです。3年になってから,理社が始まり,さらに辛い日々が続きました。確認テストの結果が教室に掲示され,まわりと競って頑張れました。1位になれた時はすごく嬉しかったです。部活を引退した次の日から,夏期講習が始まりました。授業を受け,宿題をやって,確認テストの勉強をするという,受験生らしい夏休みを過ごしました。第一志望への偏差値が全然足りず,県立高校に志望校を変えました。1学期は内申が37しかなく,2学期はあげるようにと佐藤先生に言われ,授業もテストも本気で頑張りました。2学期の内申は8上げることができました。そして,12月末.中杉を受けることを決心しました。中杉の推薦試験は5教科だったので,県立を目指していた私にとって良かったです。最後の約1ヶ月,携帯の電源を切り,死ぬ気で勉強しました。過去問をたくさん解き,面接の練習もたくさんしました。中杉の変わった面接も佐藤先生のアドバイス,ご指導のおかげで乗り越えることができました。

 受験当日,本当にたくさんの方々に応援してもらいました。あっという間にテストが終わり,過去問より難しかったので怖かったです。当日の夜,インターネットでの結果発表を見た時,泣いて喜びました。努力が報われることを身をもって感じられました。この2年間,何度も怒られ,やめたくなることもありました。ここまで私を支えてくださり,成長させてくださった,先生方,サポーターの方,クラスのみんなに本当に感謝しています。しんがくかんで身についた学力と強いメンタルを持って高校でも夢に向かって頑張りたいです。最高で最強なしんがくかんに通えて本当によかったです。ありがとうございました!!

 

 

第17期・3R1(川口西/男子)

合格校:春日部・桜丘

 自分は,川口しんがくかんに2年間お世話になりました。入塾する前は宿題がすごく多くてきびしいと耳にしていたので,非常に緊張していましたが,いざ入塾すると,自分が想像していたよりも宿題は少なかったです。しかし,そのかわりに他の塾にはないと思われるものがありました。それは,確認テストと呼ばれるほとんど毎回の授業で行われるテストです。宿題のようなものですが,確認テストは指定された範囲の英単語や漢字などを家で暗記してきて塾でテストをうけ,不合格だと再テストがあります。なので宿題のように雑に行ってごまかせるものではありません。確認テストの話を聞いて,「まあ,でも落ちても再テストうければいいんでしょ」と思った人もいるかもしれませんが,そんなに甘くはありません。その結果が,クラスごとに教室に掲示されるのです。何回も何回も不合格だととてもはずかしい気持ちになります。「確認テスト,めんどうだな」と思う人は多くいると思います。実際自分も思うときが何度もありました。ですが,確認テストはとっても大切です。何度も確認テストがあって良かったと思うときがありましたし,受験合格を成したいと思えば思う程,確認テストの大切さに気づけました。

 それから確認テストの他にもう1つ大切だと思うことがあります。それは復習です。自分は復習する癖がなく,最後の方まで復習はあまりしませんでした。しかし,しっかりとやるようになってからは以前よりも力がつきやすくなりました。復習は学習した内容を身につける上で非常に大切です。早めに癖をつけておくと後で楽だなと思えると思います。

 これらの2点をこなし,塾と学校の授業をしっかりとうけていればきっと自分の希望する進路に進めると思います。

 

 

第17期・3R1(川口西/女子)

合格校:蕨・淑徳(S特進)

 私は,兄の影響で2年生の4月にしんがくかんに入りました。2年生の頃は塾に行くのが楽しくて,提出物も確認テストも全力でこなしていました。しかし,ある日私は思いました。「あ,塾行きたくない」と。その日から私の人生(笑)は狂い始めました。提出物は終わらないし,確認テストは落ちるし,塾には遅刻するし…。先生方には多大なご迷惑をおかけしました。こんな状態で実力が身につくわけがありません。私はまだ気付けていなかったけれど,この時点で既に3R1の皆との差が開き始めていたのだろうなと思います。今だからこそ言える話ですが,私は記憶力と文系科目だけにはとても自信があり,北辰や月例テストもそれだけ挑んでいました。私は本番に強いのか,北辰で失敗することはありませんでした。私は正直受験をなめていたので,良い結果が出なくてもすぐに笑い飛ばしていました。どこからきているのかは分からないけれど,私には確かに受かるという自信があったのだろうと思います。そしてむかえた公立模試。私は努力圏でした。信じられなくて,でも何度見ても結果は変わらない。私はショックを受けました。焦りながらむかえた2度目の公立模試も結果は努力圏。私はついに塾長との面談を決意しました。塾長との面談で,私は文系科目だけで勝負することを決めました。毎日塾で自習をし,分からないことがあったら先生に質問をする。3週間という短い時間のなかで,私に出来ることはこれしかありませんでした。本番当日,私は集中的に勉強していた英語で大コケしてしまいました。それからはあまり覚えていません。自分が9日間をどう過ごしていたのかも覚えていないというのは嘘ですが,3日間ほどは部屋にこもって泣きました。そこからは心を入れ替え,併願校の見学にも行きました。そして今日。私は信じられないものを見てしまいました。なんと,自分の番号があったのです。思わず涙が出てしまうほど嬉しかったです。おそらく私はこの先今日のことを忘れないと思います。私がしんがくかんで過ごした2年間は,長いようで短いものでした。家族や友だち,先生方,たくさんの人に支えられてきました。この支えがなかったら私は今頃違う意味で涙を流していたと思います。今の私と同じ状態に陥っている人は本当に危険です。自覚してください。この先大変なことがいっぱいあるだろうけど,頑張ってください。応援しています。私はこの塾が大好きです。今までお世話になりました。本当にありがとうございました。

 

 

第17期・3R1(川口西/男子)

合格校:蕨・川越東・大宮開成

 2年間しんがくかんに通って,様々なことを学びました。2年生のときは,部活で疲れた後に塾に行くことが多く,何回もサボリたくなりました。定期テスト期間では,家に帰ってすぐ塾に行ったり,半日ほど塾にいたりして,つらい日が続きました。3年生になってからは,部活を引退して勉強する時間が増え,塾に行く時間も増え,暗記しなければならないものも増えました。そんなつらい塾でしたが周りの友達と共にすることで,つらかった2年間もあっという間の2年間になりました。僕は塾に通うことに最初は抵抗を感じていました。でも,だんだんと「自分のためにしていることだ」と感じることで,塾に通うことの意味を知ることができ,より熱心に勉強に取り組むことができました。友達と協力すること,何のために勉強しているのかを知ることによって,より勉強への意欲を深められると思います。また,しんがくかんは他よりも熱心に学べる塾だと思うので,最後は自分を信じて問題を解いてほしいと思います。2年間ありがとうございました。

 

 

第17期・3R1(川口西/女子)

合格校:蕨・大宮開成

 この1年間を振り返るとずっときつかったなと感じました。夏期講習や冬期講習はもちろん辛かったけれど,部活と塾の両立もとても忙しかったです。けれど,この辛さは受験が終わって一段落ついたあとに実感しました。無我夢中に目の前の課題を片づけているうちに,あっという間に入試が来て気づいたら卒塾しました。入試が終わり,しばらくは勉強していないことに違和感を感じるほどでした。

 私はしんがくかんは先生が厳しそう,大変そうというイメージを持っていました。ですが,受験をする上で大変さというものが必ずついてくるものだし,楽な受験なんてないと思います。先生方は,愛を持って接してくれました。合格を伝えるための電話での,電話ごしでも伝わる佐藤先生のうれしそうな声は忘れられません。サポーターのみなさん,毎日明るく接してくれて,元気をくれてありがとうございました。佐藤先生,小林先生,松本先生,小森先生,サポーターのみなさん,1年間支えてくれてありがとうございました。しんがくかんに入って,辛い日々にたえて,先生方を信じてついてきてよかったです。最高の塾でした!

 

 

第17期・3R1(幸並/女子)

合格校:蕨・順天

 私は,中学2年生のときからしんがくかんに入塾しました。しんがくかんの授業では,どんどんあてられて,答えることがとても多かったです。だから,入塾したての頃は毎回塾に行くたびに緊張していました。そして,北辰テストを受けるようになり,なかなか偏差値が上がらず,悩むことも多くありました。それでも塾の提出物や宿題は,毎回まじめにやってきた方だと思っています。だから,少しずつ偏差値が上がっていきました。塾に通っている期間,私が最もつらいと思ったことがあります。それは,勉強と部活の両立です。部活は,塾に行かなければならない30分前に終わって,急いで塾に行ったりすることが多い毎日でした。また,休日にも一日中部活があって,くたくたにつかれながらも,塾の宿題をやって…。そんな毎日が,とても大変で忙しく,つらかったです。3年生の夏休みや冬休みには,塾に毎日のように行かなければなりませんでした。朝から夜まで勉強。こんな1日が終わり,「よし!終わった!」「あ,でも明日も塾あるんだった…。」(しかも確認テストは毎回あります。)最初,夏休みと冬休みの予定表を見たとき,「果たして自分はこの予定をのりこえられるのだろうか。」そう思ってしまいました。でも,そんな気持ちの反面,「もしこれをのりこえられたら頭が良くなるだろうな~っ」というワクワクした思いもありました。案の定,毎日の塾は大変で,特に確認テストの勉強がものすごく大変でした。でもこれをすべてのりこえられたときは,すごく大きな達成感を感じました。受験後に気づいたことは,塾の授業はとても大切だということです。塾ではたくさんさされて,答えることが多かったけれど,そこでまちがえたことは絶対その後は忘れないし,受験本番に同じところがでたので,本当に授業をまじめにやることは大事だと分かりました。先生方は,私のことをよく分かって下さり,受験前は励ましてくださったので,自信を持って受けに行くことができました。この塾で勉強できて良かったです。ありがとうございました!!

 

 

第17期・3R2(川口南/男子)

合格校:市立浦和・川越東(理数)・東京成徳

 僕は,中3でしんがくかんに入塾しました。僕は,クラブチームでサッカーをやっていて,塾とサッカーの日が重なったりして,塾の授業に遅れることなどがあったけど,なんとか1年間がんばることができました。特に夏は午前がサッカーで,午後が塾という生活で,塾をやめたくなるぐらい大変でした。また,サッカーが終わった冬の塾では,凡ミスをなくすなどの雑さをなくすこと,ていねいに解くことについて先生からすごく注意されて,集中力を保つのが大変だったけど,そのおかげでミスが減り,点数をとれるようになってきたと思います。自分ではがんばったつもりでも,公立模試では結果が出ず,再考圏になり続けて,すごく苦しかったことが何回もありました。苦しい中でも先生達を信じて努力し続けることで,僕は市立浦和に合格することができました。1つの目標に向かって努力し続けることは簡単ではないけど,努力し続け,目標を達成した時,これからの自分にとって大きな自信になることをしんがくかんで学べました。

 

 

第17期・3R2(川口南/女子)

合格校:蕨・淑徳与野(選抜)・駒込

 最初,私は塾について,あまり良く思っていませんでした。再テストは溜まるばかりだし,夏休みは講習で埋まるし,そんなに授業を詰めて一体何になるのだ,家で勉強するのと,変わらないのではないか?と,そんな事ばかり考えていました。しかし,それは違うと,今ならよく分かります。家でグダグダ時間ばかり経つような勉強をするのと,教えることに関してプロとも言える塾の先生方に教わるのとでは,全く違うのです。私はこの1年間,しんがくかんで学習することができて良かったと心から思います。最初嫌でしかたなかった英語の文法テストのおかげで,試験本番も文法を意識することができたし,同じ文を暗記してしまうくらい繰り返し書いた社会の実力記述の小テストのおかげで,当日記述で不安になることはありませんでした。最初こそ嫌悪の念を抱いていた小テストに,私は当日,大いに救われたのです。

 試験前日,そして当日の駅,受験校の前にいたしんがくかんの先生,サポーターの方は,皆同じように「いつも通りやれば大丈夫」とおっしゃいましたが,その言葉に頷きつつ私は「無理だ」と内心思っていました。今まで以上のことを試験でやらなければ,周りに負けてしまうような気がしていたのです。あたりまえですが,そんなことは当然できませんし,実際やらなくても大丈夫でした。何故かというのは,試験を終えれば分かりました。先生方がその「大丈夫」のラインまで,引き上げて下さったからです。今日こうして「合格体験記」を書けているのは,毎授業で積み上げてきたものがあったからだと思います。しんがくかんでの勉強を活かして,高校で勉強をしていきます。先生,サポーターの方,1年間ありがとうございました。

 

 

第17期・3R2(川口西/女子)

合格校:蕨・武南

 私は1年間しんがくかんに通って受験のための勉強ができて良かったなぁと思います。最初の頃は初めての塾だったので不安がたくさんあり,塾に行くことが怖いし,嫌だなって思ったりもしました。毎回の確認テストで落ちませんように!と必死に願ったり,提出物を忘れて絶望に満ちあふれたりしました。でも,学校のテストで前よりも確実に点数が上がってたり,学校の授業がとても簡単に思えて,自分の頭が良くなってるのかな~とうれしくなったり,塾で当てられたときに答えられて喜んだりすることが倍以上にありました。そして,たまに自分がしんがくかんに通わないでいたら今頃どうなっていたのだろうと考えます。きっと本当に行きたい高校に受からなかったかもしれないと思います。今,自分が合格できて喜べるのは,しんがくかんで嫌だったこともたくさん乗り越えたからなんだと思います。だから,しんがくかんの先生たちやサポーターさんたちには,感謝でいっぱいです。そして,しんがくかんでは勉強だけでなく,社会に出たときに役立つようなことまで身についたような気がします。だから,大人になってもきっとしんがくかんのことは忘れないと思います。あと,提出物のとりかかるタイミングとどのくらいの頻度でやるかの調整がとても難しかったなと思いました。次の提出物の分も考えて早めに取りかかってすぐに終わらせるべきか,1回で進ませるページ数を増やして少ない回数で終わらせるか悩んでいた気がします。だからその調整はあらかじめ自分に合わせて決めておくべきかなぁと思いました。

 

 

第17期・3R2(青木/男子)

合格校:浦和西・淑徳・東京成徳

 僕は1年生の時に入塾テストを受けましたが,平均点30点という伝説に残るような数字を残して落ちてしまいました。同じ中学校で入塾テストを受けた人はほぼ全員受かった為,周りと自分の学力の差を感じました。ですから,しんがくかんに通っている人たちは本当にうらやましくて,自分もしんがくかんに通いたいという夢をもって中学2年生の1年間を過ごし,「やばい宿題終わらない」なんて人生で一度でいいから言ってみたいと思っていました(笑)。3年生になるときの入塾テストで受かったことで,今までに受けたことがないような,わかりやすい授業を受けることができて本当に毎日の塾が楽しかったです。そんな入塾テスト不合格体験を一度したからこそ,しんがくかんに通い,勉強をすることを楽しむことができたのだと思います。塾内で一番塾が好きだった自信があります。しかし,入塾した後に待っていたのはやはり周りとの差でした。入塾した当初は英語の一文に動詞を3つ連続でつなげて書くぐらいでした。1,2年生で勉強していなかった分,本当に苦労して,毎日毎日クラスについていけるようにもがいていました。“雑さ”を直さなければ,3R2にはいられないと言われ,雑を克服するためにていねいに提出物をやり,文字を書いてきたつもりです。そんな努力がみのったのか,定期テストの順位はありえないほど上がり,教科ごとに1ケタをとれるようになって,モチベーションがどんどん上がっていきました。直前期になると不安も大きくなって,自信がなくなったりすることもありましたが,異常な程に塾を信頼して先生を尊敬していたのでリラックスしてテストを受けることができました。しんがくかんの先生方と,仲間には一生分の感謝を届けたいです。1年間本当に楽しかったです!

 

 

第17期・3R2(青木/女子)

合格校:川口北・成立学園

 私は2年生のときに塾に入りました。1年生のときは得意な教科がありませんでした。英語のbe動詞や,一般動詞がなんなのか知りませんでした。文法も気にしたことがありませんでした。でも塾に入ってからはじめはついていくのに精一杯だったけど,地道にできるようになって自分で成長を感じました。私が1番思い出に残っているのは3年生の1年間でした。1年間でこんなにも変わることができることにすごく驚きました。私はすべての教科で成長できました。読解力がないと小学校のときから感じていて,英語や国語を解くのが苦手でした。でも日々の宿題や演習特訓で身についたと思います。毎回の塾で出される宿題は本当にすばらしいものだと思います。だから1回1回思いを込めて集中して取り組むことが大切だと思います。私は応用問題を解くことも苦手というか嫌いでした。でも,授業で色々な種類の問題で臨機応変に解けるようにたくさん勉強しました。結果的に言えることは,たくさん勉強することは大切だなということです。それぞれの勉強の仕方で中身のある勉強をすれば身についていくと思います。やった分だけ結果に出るとはこのことですね。1年間でこんなにも変わることができるのならば,2年生のころから本気でやれば自分の想像しているものよりもはるか上までいけるのではないでしょうか。分からないことは先生に聞くべきですね。私は佐藤先生から英語の長文の解き方を教わって長文が解けるようになりました。自分のやり方に不安を感じたら進んで行動するべきです。そうすれば,もっと効率的に勉強をすることができるかもしれません。小森先生が受験前におっしゃった「自分,仲間,しんがくかんを信じること」は大切だと思いました。このメンバーで切磋琢磨し,戦い合えてよかったです。また,先生たちの力は偉大だと思いました。苦手教科で点を稼ぐことになるとは思ってもみませんでした。しんがくかんに入らなかったら落ちこぼれていたと思います。あのとき入塾テストを受けていてよかったです。あの1回のテストで人生が変わるなんて…!!

 

 

第17期・3R2(川口西/女子)

合格校:淑徳与野(選抜)

 私は,2年生の時に入塾しました。しんがくかんは頭のいい人がたくさんいて厳しくて怖い塾という印象がありましたが,入ってみると先生もサポーターの先生もみんな優しくて,丁寧に教えてくれて,友達もたくさんできて,すぐに塾のことが大好きになりました。私は数学が異常に苦手で嫌われるんじゃないかってぐらい先生にたくさん質問もしたけど,全部受け入れてくれたのでとても助かりました。3年生になってからは,受験生ということもあって急にハードになって,特に夏期講習は毎日午前の朝はやい時間から夕方までずっと授業で,とても大変でした。でも,それのおかげで9月の北辰では7月のときよりも偏差値が上がっていてすごく嬉しかったです。私はもともと公立の共学志望でずっといたんですが,ある日を境に「私立の女子校に行きたい!」という思いが芽生えてしまって,私立を単願で受けることに決めました。私立は受験が3教科なので,得意の社会で数学の点数をカバーできないのは私的にはすごくきついことでした。なので,数学を徹底的に鍛えるべく部活を引退してからはほとんど毎日塾の自習室に通っていました。塾にいすぎてもはや家でした(笑)それからは本当にあっという間ですぐに受験の日が来ました。駅でもらったキットカットもすごくうれしかったし,あまり緊張せずに会場まで行けました。最終的には第一志望に合格できて,今とっても幸せです。しんがくかんじゃなければこの結果は得られてなかったと思います。本当にしんがくかんに入ってよかったです!

 そして,最後に小林先生本当にありがとうございました。絶望的な数学力の私に2年間,丁寧に指導してくれたのは感謝しかないです。そのおかげで,入試の数学は「解けてるな」という実感が持てた問題が多かったです。勉強以外の相談にものってくれたり,冗談言ってる楽しい時間もあれば,ちゃんと怒ってくれたりもして,本当に心強かったです。ありがとうございました!!たくさんつらいこともあったけど,ここまで成長できたのもしんがくかんのおかげです。

 佐藤先生,小林先生,松本先生,小森先生,サポーターの先生方,2年間本当にありがとうございました!!

 

 

第17期・3R3(幸並/女子)

合格校:川口北・帝京

 入塾テストの合格から1年間。大変だったり楽しかったりたくさん身になる1年でした。3R3はとてつもなく元気で笑顔があふれるクラスでした。そんなクラスにはたくさん助けられました。ながーい夏期講習はテストに中々受からなかったり,授業の速度がとってもはやかったり。受験生を感じた夏期講習でした。授業の開始がはやまった2学期は塾にずっといる日も増え大変でした。私のなかで1番の思い出は冬期講習です。短い期間につめこまれた日程表を見たときはたえきることができるのか本当に不安になりました。数の多い小テストをこなすのは大変だったし落ちてばかりでしたが,今は小テストで力をつけられたと思います。直前期は学校や家よりも塾にいる時間が多かったはずです。「70分の授業が短いね」とクラスの子と話したことは絶対忘れないと思います。みんなでさわぎながら食べたお弁当の時間は唯一の?楽しい時間でした。

 受験当日,極度の緊張にはならず,落ち着いていたものの,自己採点の点数は喜ぶことのできるものではなく落ち込みました。学校もなく,なにをするにも手が付かない1週間はもう経験したくないです。合格発表のドキドキは今までに経験したことのない緊張でした。自分の番号を見つけたときのうれしさはすごかったです。

 1年間たくさんのことを教えてくれて,話を聞いてくれた先生や一緒に最後まで頑張った3R3の仲間がいてこその合格だと心から思います。ありがとうございました。

 

 

第17期・3R3(川口西/男子)

合格校:大宮北(理数)・武南・大宮開成

 僕は1年間しんがくかんに通って,後悔なく,卒塾をむかえることができました。僕の場合はしんがくかんが人生で初めての塾で,中学校入学してからいろいろなうわさを聞いていたので,正直なところ,行くのが嫌でした。夏休みまではとにかく塾に行って授業を受けて,帰ってきたら宿題と小テストの勉強,とにかくこの3つを繰り返す日々。個人的にはもっと数学をやりたいと思っていたけれど,それすらやる余裕がなく,夏休みに突入した。うわさほどきつくはなかったけれど,小テストの嵐におそわれたときほどきつかったことはない。夏休みを終えると,北辰テストと月例テスト,中間,期末テストの嵐。この塾の嵐がやむことはないのだとあらためて実感した。冬休みに入るとピリピリし始めるのだと思ったが3R3の教室はおだやかなムードがただよいつづけ,そのムードのまま3学期に入り,いよいよテスト前日,先生たちの言葉が胸にささるなか,最後の授業が始まったときの松本先生の第一声「いつも通り授業をやります」。内心「えー」と思いながらも,その「いつも通りの授業」のおかげで志望校合格することができたのかもしれない。今,考えてみると,あっという間の1年間だったが,1番充実していた1年間だったのかもしれない。しんがくかんに入塾したからこその1年間を100%「楽しむ」ことができたのは同じ教室の仲間達,先生方のおかげである。本当に感謝。1年間ありがとう。高校にいっても,今のまま,またはそれ以上に充実した生活を送ることができるようにおたがい頑張りましょう。

 

 

第17期・3R3(青木/女子)

合格校:浦和南・成立学園・武南

 私は,2年間しんがくかんに通っていました。最初は,2R1に入って勉強していましたが,周りの人達のレベルが高いし,確認テストもたくさん落ちたし,本当にあせりしかなかったです。何より,指名されるのが怖く,緊張しました。2年生は,仲の良い友達もいて楽しかったけど,緊張が勝っていました。3年生になった時,クラスが2R1から3R3に下がり,本当に悔しかったです。北辰テストでは,しんがくかん過去最低レベルの社会の点数を出すほど,社会が苦手でした。私が覚えなければならないことを覚えきれていないということを実感しました。そのため,小森先生が個別で流れを教えてくれたり,友達に問題を出してもらったりしました。そして1日で最高13時間も塾にいて,家より長い時がありました。最後の最後まで,確認テストは落ちて,気持ちが下がったりもしたけれど,公立模試でだんだん点数が上がってきたり,先生のはげましの言葉を聞いて,あきらめないことが大切だとわかりました。私が志望校に合格できたのは,ずっと支えてくれた先生方や,家族,ずっと一緒にいてはげまし合ったり,休み時間,話したりした友達がいたからだと思います。しんがくかんに入ってよかったです。信用できてよかったです。ありがとうございました。

 

 

 

第17期・3R3(幸並/女子)

合格校:川口市立・浦和麗明

 私は中2からしんがくかんに入りました。塾に入るためにテストがあることに驚きました。テストを受けるときは周りの人達からしんがくかんは頭が良い人達が入ることを知らされて,ビクビクしながらテストを受けていました。でも電話で受かったことを聞かされたときは本当にうれしかったです。2年生のときは確認テストで落ちまくり,授業がない日は再テストのために塾に来る日も多かったです。特に英語のテストは毎回ひどい点数でした。そのせいで私の確認テスト表の名前はほとんど一番下にあった気がします。中3になって知らない人も多く入ってきて,最初の頃はすごく静かでした。しかし,夏休みに入ってみんなと一緒にいる時間が長くなって,自然と仲良くなることができました。入試が近づくにつれて緊張して,たくさんサポーターさんや先生に相談しました。本番も心臓が飛び出てしまいそうなくらいドキドキしていたけれど,焦らずにテンパらないように1問1問の問題を大切に解きました。最後の最後までお世話になりました。ありがとうございました。

 

 

第17期・3R3(川口西/女子)

合格校:川口市立・武南

 私は,3年生になって初めてしんがくかんに入りました。1・2年生のときは,集中して勉強することができなかったけれど,しんがくかんに入ってから集中して取り組むことができるようになりました。辛いことをやっていくうちに,自分の成績がのびていることを実感し,勉強をするのが楽しくなりました。夏休みや冬休みは大変で,今までで1番勉強したと思います。そのおかげで,不得意な所を克服できました。

 1年間本当にありがとうございました。

 

 

第17期・3R3(青木/男子)

合格校:淑徳

 僕は2年生のときに,川口しんがくかんに入塾しました。きっかけは姉も2年間しんがくかんに通塾していて,その影響で自分も入塾しようと思いました。

 入塾したばかりの頃は,周りの人と比べて集中力の短さや授業に対する意識が低く,何度も先生に注意をうけていました。また,成績が上がったり下がったりと波があり,苦しい時期もありました。しかし,それらの悔しさを講習や自学習のバネに変えて,最後の北辰テストで結果が大幅に良くなったときは本当に嬉しく,今まで努力してきて良かったと思いました。

 僕はこの川口しんがくかんに入って,初めは結果が悪くても継続して諦めずに努力をすれば,自ずと結果がついてくるということが大切だということを学ぶことができました。これからもこの2年間で得た貴重な経験を無駄にせず,高校や大学での生活に活かしていきたいと思います。2年間多くのことを教えて下さり,成長させて下さった先生方,本当にありがとうございました。川口しんがくかんに通うことができて,本当によかったです。

 

 

第17期・3R3(川口西/女子)

合格校:成立学園

 私は中3になってから,しんがくかんに入りました。しんがくかんの夏期講習は姉や友達から厳しいと言われていて,すごく不安でした。実際,数学の小テストは毎回落ちるし,社会の小テストは覚えることがたくさんあって辛かったです。でも,北辰テストなどの問題で分かる問題が増えてきて,点数や偏差値も上がってきているのを見てすごく嬉しかったです。夏休みの夏期講習はもちろん,普段の授業からきっちりと教えてくれて,支えてくれた先生のおかげでもっと頑張ろうとも思えました。小森先生をはじめ,授業中に面白い話をしてくれる時間が本当に最高でした。辛い再テストも乗り切れて良かったです。しんがくかんで厳しいこともたくさんあったけど,それを乗り切ることができたのは先生方のおかげでした。1年間ありがとうございました。

 そして,最後に小林先生本当にありがとうございました。絶望的な数学力の私に2年間,丁寧に指導してくれたのは感謝しかないです。そのおかげで,入試の数学は「解けてるな」という実感が持てた問題が多かったです。勉強以外の相談にものってくれたり,冗談言ってる楽しい時間もあれば,ちゃんと怒ってくれたりもして,本当に心強かったです。ありがとうございました!!たくさんつらいこともあったけど,ここまで成長できたのもしんがくかんのおかげです。

 佐藤先生,小林先生,松本先生,小森先生,サポーターの先生方,2年間本当にありがとうございました!!